【町田市・相模原市】 脳卒中・パーキンソン・小児脳性麻痺・線維筋痛症・摂食嚥下障害・マザーマッサージ鍼灸治療室 - 訪問・在宅リハビリマッサージ・鍼灸・健康保険取扱

訪問往療専門マザーマッサージ鍼灸治療室 ご連絡についてEメールはこちら
ホーム
あきらめないで!
メリット
理論と実際
臨床例
Q&A
室長プロフィール
脳卒中とは
パーキンソン病とは
小児脳性麻痺とは
線維筋痛症とは
認知症とは
摂食・嚥下障害とは
排尿障害とは
健康づくり・介護予防 イベントのご案内
健康づくり・介護予防 教室・講座のご案内
健康づくり・介護予防 動画一覧
健康づくり・介護予防 ハイブリッド呼吸術
健康づくり・介護予防 ふくらはぎ・足裏マッサージ
参考小冊子
お問い合わせ・ご相談

排尿障害とは

排尿障害とは、何らかの原因で排尿が困難な症状をいい、尿意の過多・過少・排尿困難、尿失禁(もれ)などがあります。
特に高齢者の約50%に尿失禁がみられます。これらの原因は、病気や心身のストレス、環境などがあげられます。

 (1)頻尿
  1日の排尿回数が日中8回以上、就眠中2回以上あることをいい、原因は膀胱炎、糖尿病、心身のストレスなどです。

 (2)尿失禁
  自分の意思によらず排尿してしまう症状で、特に女性は50歳代から高齢者にかけて多く見られます。

 (3)残尿感
  残尿が無くても残っているように感じる症状で、膀胱炎などに見られます。

 (4)排尿困難
  導尿や、膀胱カテーテル留置することがあります。

 (5)これらの治療は、薬物が主となりますが、手術もあります。

 (6)尿道カテーテル留置は、患者さんの負担も大きく、運動不足、意欲の低下、寝たきりになりやすくなります。
  東洋医学的施術で良くなり、尿道カテーテル留置が取れたり、効果を上げる症例も多くあります。

当マザーマッサージ鍼灸治療室では、これらの症状に対し、深澤式生命軸活法マッサージ・鍼灸を特定な脳(頭)や腹部、腰・仙部、全身のツボに行い、膀胱機能、日常生活動作(ADL)の改善を目標とした施術を行なっております。

詳細は、電話、Eメールでお問い合せ下さい。090-7947-1174(8:30~19:00)

①手 ②足
(1) 腹部 (2) 腰臀部 (3) 手足部
図1. 排尿障害の主な施術ゾーン
  • 図1の各ゾーンへの鍼灸とマッサージが効果的です。
  1. 臨床例
  2. 患者友の会(居住地の役所、保健所等にお問い合わせ下さい)
  3. 近隣のクリニック
    ・山田泌尿器科クリニック(相模原市南区古淵・TEL:042(756)3982)
  4. 参考小冊子のご案内
このページのトップに戻る