【町田市・相模原市】 脳卒中・パーキンソン・小児脳性麻痺・線維筋痛症・摂食嚥下障害・マザーマッサージ鍼灸治療室 - 訪問・在宅リハビリマッサージ・鍼灸・健康保険取扱

訪問往療専門マザーマッサージ鍼灸治療室 ご連絡についてEメールはこちら
ホーム
あきらめないで!
メリット
理論と実際
臨床例
Q&A
室長プロフィール
脳卒中とは
パーキンソン病とは
小児脳性麻痺とは
線維筋痛症とは
認知症とは
摂食・嚥下障害とは
排尿障害とは
健康づくり・介護予防 イベントのご案内
健康づくり・介護予防 教室・講座のご案内
健康づくり・介護予防 動画一覧
健康づくり・介護予防 ハイブリッド呼吸術
健康づくり・介護予防 ふくらはぎ・足裏マッサージ
参考小冊子
お問い合わせ・ご相談

認知症とは

高齢化に伴い、認知症(過去には痴呆(ちほう)症)性高齢者が急増して、85歳以上では4人に1人が認知症と言われています。
このため、病院、介護施設(老人ホームなど)、家庭(在宅介護)などで、これらの高齢者への対策が大きな問題になっています。
認知症は、高次大脳機能障害からなる症候群とされ、高齢者(老人性)認知症は興区以下の2つ((1)、(2))に分類されます。

 (1)脳血管性認知症
  脳梗塞、脳出血、脳変性疾患(パーキンソン病など)、外傷性(ケガ)ほか。

 (2)アルツハイマー型認知症

 (3)(1)、(2)の主な共通症状として、以下の6つがあげられます。
   ①もの忘れが激しい(食事、お金、直近の記憶など)
   ②判断力、理解力の低下(財産管理、計算、学習など)
   ③日時、場所がわからない
   ④人格変化
   ⑤強不安感
   ⑥意欲低下 など

 ※「認知症の人と家族の会」パンフレット参考

 (4)認知症の治療は薬物、脳手術などがありますが、完全な治療法は確立されていません。

当マザーマッサージ鍼灸治療室では、これらの症状に対し、深澤式生命軸活法マーッサージ・鍼灸を特定な脳(頭)や全身のツボに行い、脳機能、日常生活動作(ADL)の改善を目標とした施術を行なっております。

詳細は、電話、Eメールでお問い合せ下さい。090-7947-1174(8:30~19:00)

(1) 頭顔前部 (2) 頭頚後部 (1) 腹部 (2) 背腰部
図1. 頭顔頚部の主な施術ゾーン 図2. 腹部、背腰部の主な施術ゾーン
  • 図1の各ゾーンへの鍼灸とヘッドマッサージが効果的です。
    手足含め全身に施術すれば、バランスがとれます。
  • 今後認知症患者が急増すると言われております。
    施術、運動のみならず、各個人が意識して脳トレーニング、行き方など早めの総合的な準備、対策が必要です。
  1. 臨床例
  2. 患者友の会(居住地の役所、保健所等にお問い合わせ下さい)
     (1)認知症と家族の会(TEL:0120(294)456)
     (2)認知症あんないダイヤル(TEL:0120(165)244)
  3. 参考小冊子のご案内
このページのトップに戻る