【町田市・相模原市】 脳卒中・パーキンソン・小児脳性麻痺・線維筋痛症・摂食嚥下障害・マザーマッサージ鍼灸治療室 - 訪問・在宅リハビリマッサージ・鍼灸・健康保険取扱

訪問往療専門マザーマッサージ鍼灸治療室 ご連絡についてEメールはこちら
ホーム
あきらめないで!
メリット
理論と実際
臨床例
Q&A
室長プロフィール
脳卒中とは
パーキンソン病とは
小児脳性麻痺とは
線維筋痛症とは
認知症とは
摂食・嚥下障害とは
排尿障害とは
健康づくり・介護予防 イベントのご案内
健康づくり・介護予防 教室・講座のご案内
健康づくり・介護予防 動画一覧
健康づくり・介護予防 ハイブリッド呼吸術
健康づくり・介護予防 ふくらはぎ・足裏マッサージ
参考小冊子
お問い合わせ・ご相談

臨床例

  • ここで紹介した臨症例の外、多数例ありますが、種々の疑問については、お問い合せ下さい。
  • 臨床例中の一部は保険適用外があり、自費負担となる場合があります。
  • 患者さんの個人情報守秘義務遵守の為、症例内容は編集してありますが、内容の主旨は変わりません。

1.脳梗塞後自立歩行急快復

76才男性は、団地の4階に住んでいる。脳梗塞後左半身麻痺で、大学病院のリハビリで歩行訓練したがあまり改善しなかった。深澤式生命軸活法・マッサージにより、本人の快復したい意欲が高まり、団地の4階から1階まで自立歩行が出来るようになった。近所の公園にリハビリの為歩行出来るようになり急快復した。
大学病院で、外来にて診察室に入る時、本人の歩行改善を見た主治医がビックリして、どのようなリハビリを行ったか聞いたという。

(町田市内患者さん)

2.脳出血後、左半身麻痺と強い痛み・シビレ

71才主婦は、脳出血後左半身麻痺となり、リハビリ病院や整形外科、リハビリセンターにかかっているがあまり改善しなかった。深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸を行ったところ、痛みやシビレが楽になり自立生活が維持されている。

(町田市内患者さん)

3.脳性麻痺

48才主婦は、出産時のトラブルで脳性麻痺となった。全身のケイレンがあり、頸部や体幹の変形や筋疲労が激しく、痛みやコリが蓄積されると、日常生活が困難となる。
深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸により、特に頸部、肩コリ、筋疲労が改善、緩和される為、心身が安定しボランティア活動もはかどるという。

(町田市内患者さん)

4.糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、関節リウマチ、左膝激痛

77才主婦は、脳梗塞後市民病院にかかっていたが、上記各種の病気併発で悩んでいた。
日常生活で特に立位動作時、左膝関節に激痛が走り困っていたが、深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸により、激痛、その他の症状も改善され日常生活が楽になっている。

(町田市内患者さん)

5.糖尿病、脳梗塞、骨粗鬆症、背中・両膝激痛

75才主婦は、糖尿病から軽い脳梗塞を発症した。
また室内転倒により、背中や両膝を痛め自立歩行困難であった。深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸により、各部位の激痛と糖尿数値HbA1c、室内歩行、日常生活動作などが大きく改善した。

(町田市内患者さん)

6.慢性腰痛(寝たきり)から自立生活

85才女性は、慢性腰痛であったが転倒してから寝たきりになってしまった。主治医のいる大学病院では入院を断られた。
10回の深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸施術で自立生活できるようになった。
当初は、家族も最後とあきらめ、本人の友人、知人、親戚が見舞いに来たが治癒後は、1時間半かけて都心の有名デパートに買い物に行く程になった。

(町田市内患者さん)

7.パーキンソン病

76才女性は、50代でパーキンソン病と診断され、会社を早期退職した。
その後少しづつ進行したが、自宅で療養を続けた。
その後、深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸を受けたところ日常生活動作が楽になった。
室内転倒で打撲、擦過創など発症するが、痛みや創傷は温熱光線など併用するとすぐ治る。訪問看護師や大学病院主治医もリハビリマッサージ鍼灸の効果を認め継続をすすめている。

(町田市内患者さん)

8.左手薬指切断

52才主婦は、突然の事故で左薬指を切断した。大学病院で手術とリハビリを受けたが、左手全体が思うように動かなかった。
深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸を2~3回受けたところ40%快復し、12回で100%快復した。

(町田市内患者さん)

9.高齢者の右膝関節痛、若返り(アンチエイジング)

99才女性は、NHKテレビにも紹介される程元気だったが、右膝関節痛で自立歩行困難となった。
病院、整形外科にかかったが治らなかった。その後深澤式生命軸活法・マッサージを受けたところ、改善快復して、自宅庭の大好きな花木の手入れが出来るようになった。本人は深澤式生命軸活法・マッサージで若返った(アンチエイジング)ようだと喜んで、100才になったら又、NHKテレビに出ると話している。

(町田市内患者さん)

10.強度の頚部痛、コリと両下肢痛、能力開発

84才女性は、若い頃から頚椎変形による頚の慢性的強度痛、目の疲労、両下肢痛があり大変困っていた。病、医院、鍼灸マッサージ、整骨院などにかかったがあまり改善しなかった。
深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸を受けたところ、大巾改善、緩和している。
現在は、健康ダンス、ヨガ、英会話、ボランティア、自治会役員など大変忙しく、ほとんど毎日外出している。深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸により、身体のメンテナンス、アンチエイジング(若返り)から能力開発まで行っているといえる。

(町田市内患者さん)

11.右中耳炎による激しい頭痛

95才女性は、脳梗塞による右半身麻痺で、車イスとベットの生活だが、子供の頃からの右中耳炎により、月に2~3回の激しい頭痛があり病、医院でも完治できなかった。
深澤式生命軸活法・マッサージと右耳孔への温熱光線照射により3回の施術で右耳だれが止まり、その後激しい頭痛はスッカリ治ってしまった。

(町田市内患者さん)

12.急性胃潰瘍

前記5.の患者さんだが、急な引越、移転話が出て、心労から大量吐血した。主治医は入院加療を指示したが、本人は原因が分かっているので自分で治すと言って入院しなかった。
腹部を押圧すると、コブシ大の硬いシコリがあり激痛が走った。このコリを取る深澤式生命軸活法・マッサージ・指圧によって1回の施術でシコリが取れ、2回で激痛も無くなり、主治医も治癒を認めた。

(町田市内患者さん)

13.褥瘡、皮膚炎、ヘルペス

96才女性は、寝たきりだが意識はハッキリしている。脳梗塞による、左半身麻痺、左上肢浮腫、仙骨部褥瘡、また皮膚炎、ヘルペスなどで本人より娘さんが悩んでいた。
深澤式生命軸活法・マッサージと温熱光線の併用により種々の症状は改善された。
中でも褥瘡は、訪問看護師も驚く程スピーディに治癒した。

(町田市内患者さん)

14.排尿障害

79才男性は、糖尿病、脳梗塞後膀胱炎、排尿障害、歩行困難で、排尿は、道尿カテーテル(尿袋)にて行っていた。
深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸により、膀胱への施術で道尿カテーテルを外すことが出来た為、日常生活と介護が大変楽になった。

(町田市内患者さん)

15.ガンの痛み

47才主婦は、乳ガンから骨転移し、痛みが強い為、鎮痛剤と深澤式生命軸活法・マッサージ鍼灸を併用、痛みを楽にし緩和ケアを行った。

(町田市内患者さん)

16.脳梗塞後遺症、全身の強度拘縮、肺炎

69歳男性は脳梗塞後遺症で全身が拘縮し、肺炎をたびたび発症していた。マッサージで拘縮も少しづつ改善している。呼吸改善の深澤式生命軸活法・マッサージを加えたところ肺炎にもかかりにくくなって、発熱も減少し、身体症状が安定して病院に行く回数が減少し、介護も楽になっている。

(相模原市内患者さん)

17.強い頚のコリ・痛み、顎関節痛、膝痛

92歳女性は変形性頚椎症で強い頚のコリ・痛みがあった。また顎関節(あご)痛、膝痛も強度であった。
深澤式生命軸活法・マッサージ、鍼、光線等を併用し全部の症状が改善し、現在ではデイケアセンターに通所出来るようになった。
特に顎関節痛は、市民病院にかかり、MRI、CT等精密検査したが、原因不明で治療はしなかった。このような症状の時、深澤式生命軸活法・マッサージや鍼灸、温熱・光線等は大変効果的である。

(町田市近隣患者さん)

18.小児の脳性麻痺による両下肢の機能障害、発達障害

4才女児は出産時のトラブルで特に両下肢の機能障害となり歩行が困難となっている。
下肢の機能障害改善の深澤式生命軸活法・マッサージを主に施術しているが、特に有効なのは、軽い鍼刺激である。全身の筋力がつき力が強くなってきた。また施術前は慢性鼻炎や小児喘息があり、鼻汁が慢性的に鼻から出て発熱があったりカゼをひいたり肺炎にもにもなり易く、小児科受診や入院も多かったが、施術を始めてから、これらがピタリと止まり治癒したり、家庭での吸引器やネプライザが不用となった。

(相模原市内患者さん)

19.頚の強いコリ・痛み、肩、腰、膝の強い痛み、慢性胃炎、顔面ヘルペス

90才女性は上記症状で永年苦しんできた。特に左頚のコリ・痛みが強く、左頭、顔がヘルペスになってしまった。
左右の頚のコリ・痛みを取る鍼施術で改善している。更にヘルペス後神経痛が出て、左頭と左顔面上部痛が強く残っていた。
ここに温熱・光線をかけたところ、頭部痛はかなり良くなり、顔面痛も改善しつつある。
また慢性胃炎や肩痛も、深澤式生命軸活法・マッサージや鍼で安定している。
施術以前はカゼをひいたり、発汗があったりで入院も多かったが最近は、身心も安定して家庭で介護を受けている。
患者さんが入院しなくなったのでヘルパーさんもスケジュール通り安定した訪問介護をしている。

(横浜市内患者さん)

20.脊椎小脳変性症

71才女性、介護度は5でほとんどが寝たきり状態である。全身が痛くなり苦しんでいた。特に頚が痛く、下肢がだるいという。
これら症状に対し、深澤式生命軸活法・マッサージ、鍼を施術したところ大きく改善した。
また原因不明の発熱(38℃近く)が数ヶ月続き、大学病院に入院し、あらゆる検査をしたが原因不明であった。
原因不明ながらも、症状が少し安定したところで退院した。その後家庭で発熱しかかったが、その頃特定部位に鍼施術を行ったところ、高い発熱は無くなり安定している。
少々の微熱は短時間出る時があるが、以前に比べればほとんど無いといってよい。

(相模原市内患者さん)

21.両膝関節痛による歩行困難、糖尿病

77才主婦は両膝で自立歩行困難となった。
近医の整形外科に3ヶ月通院し注射、薬などで治療したが益々ひどくなり外出困難となってしまった。
最初マッサージ施術のみだったが効果が出ないため鍼、光線を加えたところ、改善に向かった。
3ヶ月程の深澤式生命軸活法・マッサージ、鍼灸で痛みが無くなり、外出歩行、買物も出来るようになった。

(相模原市内患者さん)

22.坐骨神経痛、歩行・外出困難

82才男性は一人ぐらしだが突然坐骨神経痛になり、外出や歩行が出来なくなった。
なんとかタクシーなど使い近医の整形外科に2ヶ月程通院したが益々悪化した。
また近くの整体院に行って自費で整体を受けたが、その時楽になるだけですぐ戻ってしまった。
当方でマッサージ施術を行ったところ一定の改善に至ったが完全ではなかった。次に鍼と光線を加えた総合的な深澤式生命軸活法を行ったところ、急速に改善に向かい遠出の外出も楽になりこれからの一人ぐらしも安心できると言っている。

(町田市近隣患者さん)

23.五十肩(激痛)

49才女性は主婦でヘルパーの仕事をしているが、職業病がら強度の右肩関節痛に悩まされていた。
初めはマッサージを行ったが効果が持続しなかったので総合的な深澤式生命軸活法として鍼治療を加えたところ急速に約90%改善に向かった。
仕事のストレスも強い為戻る時もあるが、施術をすれば必ず改善に向かっている。

(相模原市内患者さん)

24.線維筋痛症

43才女性(主婦)は、線維筋痛症で、大学病院、整形外科、鍼灸、指圧、整骨院など10カ所以上で、手術を含め20年に渡る治療を受けたがまったく効果がなかった。
深澤式生命軸活法・マッサージ・鍼灸を受けたところ1年程で痛みが緩和に向かい、元気が出てきている。

(相模原市内患者さん)

25.首・肩・背中・腰の強いコリ・痛み

53才男性は仕事と交通事故後遺症で、首、肩、背中、腰などがすぐに疲れ、強いコリと痛みで長年悩み、有名医師、治療院など数十カ所にかかったが、ほとんど効果が無かった。
深澤式生命軸活法・マッサージ・鍼灸を受けたところ、2~3回で改善に向かい、現在では90%以上楽になっている。

(相模原市内患者さん)

26.認知症

85才女性は、認知症と診断され、大学病院で治療を受けており、併用して深澤式マッサージ鍼灸を受けたところ、心身がシャキッとして元気になってきた。

(町田市内患者さん)

27.線維筋痛症

56才女性(主婦)は、慢性のウツ症状があったところへ、突然頚、手、足、腰などへ激痛が出た。病院だけの治療では改善しなかったが、深澤式マッサージ鍼灸を受けたところ、痛みが緩和されてきている。

(町田市内患者さん)

このページのトップに戻る