【町田市・相模原市】 脳卒中・パーキンソン・小児脳性麻痺・線維筋痛症・摂食嚥下障害・マザーマッサージ鍼灸治療室 - 訪問・在宅リハビリマッサージ・鍼灸・健康保険取扱

訪問往療専門マザーマッサージ鍼灸治療室 ご連絡についてEメールはこちら
ホーム
あきらめないで!
メリット
理論と実際
臨床例
Q&A
室長プロフィール
脳卒中とは
パーキンソン病とは
小児脳性麻痺とは
線維筋痛症とは
認知症とは
摂食・嚥下障害とは
排尿障害とは
健康づくり・介護予防 イベントのご案内
健康づくり・介護予防 教室・講座のご案内
健康づくり・介護予防 動画一覧
健康づくり・介護予防 ハイブリッド呼吸術
健康づくり・介護予防 ふくらはぎ・足裏マッサージ
参考小冊子
お問い合わせ・ご相談

その理論と実際

1.深澤式生命軸活法・マッサージ・鍼灸とは

深澤式生命軸活法・マッサージ・鍼灸とは、患者様の主治医先生の同意書発行により、訪問(往療)して健康保険、労災保険等で行う施術です。交通傷害保険も使えます。
患者様の麻痺、拘縮、疼痛(ガンの痛み含)等の症状改善、緩和、治療を目的とします。
悩んでおられる症状や病気が改善、緩和、治療されますと、脳・身体機能快復自立、日常生活動作(ADL)、生活の質(QOL)の向上が期待できます。たとえ病気が早期完治しなくても、心や身体が整って元気になりますから、日常生活が明るく、楽しく、快適、前向き、積極的になります。
それにより生活の質(QOL)が向上し、更にその延長上から、自己の能力開発まで実現可能となります。
元気になって、自己の趣味や能力を生かす日常活動が出来ることにより、高齢による認知症の予防や、高齢であっても能力開発が実現され、脳回路が更に若々しく活性化しますので、自然にアンチエイジング(抗加齢)となります。
当方の施術例では、84歳を過ぎても英会話や健康ダンス、ボランティアを続けて、毎日外出し、海外旅行など楽しんでおられる一人暮らしの女性がおります。
また100歳を過ぎた方でも簡単な運動、体操、ストレッチをする事により、筋力が向上した施術例もあります。
このように単なるリハビリによる症状や病気の快復、改善、治療のみならず、更に能力開発まで発展させ、アンチエイジング(抗加齢)生命再生法として、元気・現役・健康長寿を実現させる深澤式生命軸活法を提唱しております。(表1)

深澤式生命軸活法 ® (表1. 1980 深澤)

2.深澤式生命軸活法 ® の理論とは

深澤式生命軸活法は、1.情報系、2.エネルギー系、3.構造系を整えることにより、各種症状や病気の快復、改善、治療から更に、自己能力開発までを目標とした、根本的で総合的な生命軸(コア)を活性化する、アンチエイジング(抗加齢)、元気・現役・健康長寿を実現させる生命再生活性法といえます。(表1)

表1のように、生体の生命軸(コア)構成を

 1.情報系
 2.エネルギー系
 3.構造系

と大きく3つに分類します。
そして対象となる病気や症状が、どの系の不調か考察します。
その病んでいる系を整え、正常化することが病気の快復、治療となります。この考え方を根本療法(本治法)とします。
根本療法(本治法)で一番大切な事は、高次元意識(潜在意識、気を含)に光を当て、正常化することです。
自分での気づいていない、病気になる意識を変革させ、正常化させます。
この高次元意識の変革は簡単ではありませんが、治療で一番大切な事です。
高次元意識の変革、正常化は、自己のみならず、家庭、社会(会社、団体)、国家をも救済します。目には見えませんが、最新脳科学に基づいた、根本的(生命軸〈コア〉)で強力な意識エネルギー変革と考えます。
この考え方は、特定な宗教や思想に偏ったものではありません。サイエンス(科学)なのです。

宇宙波動フリーエネルギーと生命は
ダイナミックにシンクロ・共鳴・共振・チューニング(同調)している。

深澤式生命軸活法 ® の相関図 (表2. 2012 深澤)

3.深澤式生命軸活法 ® の実際とは

各種症状や、病気の治療の実際は、人体の不調を起こしている1.情報系、2.エネルギー系、3.構造系(表1)や、特定患部(パーツ)をとらえ、その不調系と患部を整えます。
この為のツールとして、東洋医学的手技施術を行います。
そのツール手技は、マッサージ、指圧、鍼灸、更に効果を上げる為に、温熱光線、ストレッチ、運動療法、ラジオ体操、ラテン音楽リズム体操(当室開発オリジナル)、整体、食事療法、イメージトレーニングその他を併用します。
また心身医学的な症状(自律神経失調症他、心の不調が原因で起こる身体症状や病気) などにも適切な施術、指導、カウンセリングを行います。
更に、病気治療に最も大切で重要なのは自己の変調している心(潜在意識、気を含)をクリーニング浄化(デトックス、毒出し、断・捨・離)正常化し、正しく積極的(前向き)な思考に切り替え、変革することです。
正しく変革し、整えた心・意識を高い次元(レベル)に上げないと、同じ症状や病気を繰り返したり、再発したり、転移する原因となり、根本治療(本治法)、完治には至りません。
生命軸(コア)を整え、高次元意識を変革正常化することが、病気の自己(自然)治癒力を高める根本なのです。

早期に、自己(自然)治癒力を高めなければなりません。まちがった自己意識(潜在意識含)、高次元意識の変革と、生命軸(コア)の系や患部(パーツ)治療(標治法)がしっかりとかみ合って、正しい波動にシンクロ(共鳴・共振・チューニング)し、根本治療(本治法)、完治となります。
実際の臨床では、双方が一致して、スピーディーに改善、完治する事は簡単ではありませんが、あきらめず、投げ出さず、時間がかかっても、一歩ずつ前に進むことが大切です。

最後まで目標(高い低いにかかわらず)を持って、あきらめず、なげ出さないで(創意工夫が能力開発になる)、挑戦(積極的、前向き、プラス思考)を続ける人生が、人間らしい生き方と言えるのではないでしょうか。
深澤式生命軸活法 ® は、根本的に症状や病気を治療し、更に自己の能力開発(脳回路の活性化)までを目標とし、アンチエイジング、元気、現役、健康長寿を目指します。したがって、この理論を応用活用しますと、病気のみならず、個人、家庭、社会(会社、団体)、国家をも救済することが出来る、高い次元(品格のある)の普遍で根本的なサイエンス(科学)にもとづいた当室長開発のオリジナル技法なのです。

このページのトップに戻る