【町田市・相模原市】 脳梗塞・肺線維症・肺呼吸器疾患・パーキンソン・線維筋痛症・摂食嚥下障害・小児脳性麻痺

訪問往療専門マザーマッサージ鍼灸治療室 ご連絡についてEメールはこちら
ホーム
あきらめないで!
臨床例
室長プロフィール
脳梗塞・脳出血
パーキンソン病
小児脳性麻痺
線維筋痛症
認知症
摂食・嚥下障害
排尿障害
脳活性療法 自律神経活性療法
肺線維症 肺・呼吸器疾患
参考小冊子
お問い合わせ・ご相談

パーキンソン病

1000人に1.5人程が発病し、高齢化に伴い50代~70代に増加しております。
症状は、手足の震え、手足のこわばり、体が硬く踏み出しが困難、前傾歩行、転びやすい、発音が不明瞭などの特徴があります。
重症となると、特定疾患として難病指定されます。
ドーパミンなどに作用する薬物を使用しますが、薬が効いている間は、スイッチオンとなり健康人と変わらない動作が見られます。
当マザーマッサージ鍼灸治療室では、これらの症状に対し、リハビリ理学整体、マッサージ・鍼灸をパーキンソンの特定な脳(頭)のツボや、全身に行い、副交感神経を整え、日常生活動作(ADL)の改善に効果をあげております。

詳細は、電話、Eメールでお問い合せ下さい。090-7947-1174(8:30~19:00)

(1) 頭顔前部 (2) 頭顔後部
図1. 特徴的な姿勢 図2. 頭顔頚部の主な施術ゾーン
(1) 手 (2) 足
図3. 背腰部の主な
施術ゾーン
図4. 腹部の主な
施術ゾーン
図5. 手足の主な(患側)施術ゾーン
  1. 臨床例
  2. 患者友の会(居住地の役所、保健所等にお問い合わせ下さい)
    ・全国パーキンソン病友の会(TEL:03(5318)3075)
  3. 近隣のクリニック
    ・やぐち内科クリニック(相模原市南区上鶴間・TEL:042(765)7170)
  4. 参考小冊子のご案内
このページのトップに戻る